超複業日誌

多趣味すぎる管理人が、むしろ多趣味なことを仕事にしようと思い始めたブログ。コンセプトは「人の為になるライティング」。詳しい内容は、ページ下の複業一覧を参照下さい。

人生100年時代の生き方!私は「超複業」を実行致します。

戦々恐々と変遷する時代。

時は大複業時代。

この時代では複業は当たり前、中には超高次元コンピューター「エーアイ」の技術を駆使し数多の仕事を同時にこなし莫大な富を気づきあげる者もいるという。

個人は躍起になって自分自身の価値を生み出し続ける。

己の可能性をその胸に秘めながら。

第一話 「大複業レクイエム」

 

 <目次>

どんな人がブログを書いてるの?

さて、どうでもいい前置きは置いときまして(笑)

私の自己紹介をしたいと思います。

f:id:toyohisa-masuya:20170628014731j:plain

名前:マスヤ トヨヒサ@masutoyo_jp

1993年生まれ。

職業:大学5回生、フリーライター、ブロガー、ミュージシャン?

趣味:音楽、作詞作曲、カラオケ、読書、執筆、ロボアドバイザー投資、FinTech研究、テクニカル分析、資格勉強、セミナー通い、手相、四柱推命ガーデニング、美容、ファッション、デザイン、登山、ぼっち飯、スマホゲーム、オンラインゲーム、寝るetc

このブログの他にも「マネブックス(Monebooks)」というマネー本の総合書評サイトを運営しています。

 

なぜ「超複業日誌」というブログを始めたのか? 

これには私の人生に対する考え方が深く関係しています。

今は人生100年時代と言われていますよね。

最近、話題の書籍「LIFE SHIFT」という本をご存知でしょうか。 

f:id:toyohisa-masuya:20170730204855j:plain

私も、もちろん読みました。

素晴らしい書籍でした。

これからの時代を生き抜く、私と同じ20代の方は読むことをオススメします。

 

これからの時代、人間の寿命は100歳近くまでになるのです。

60歳で定年退職しても40年も生きるのです。

さらに加えて日本では公的年金などの社会保障が縮小してきている現実があります。

そのために、公的年金の支給額が減額されるなどの理由で、60歳で定年退職できる時代は終わると考えられます。

なぜなら、60歳以降も働かなければ、生活を維持できないからです。

 

60年で退職できる時代は終わるということは、これからは70、80歳まで働く必要が出てくるでしょう。

そう考えた時に、新卒入社して、1つに会社に退職までいることが果たして正解なのでしょうか?

私はそうは思いません。

70歳定年退職が当たり前になった世の中では、30歳になってもあと40年はその会社で働くことになるかもしれないのです。

新入社員として入社した会社がいい会社であったなら問題はないでしょう。

しかしながら、こちらの資料厚生労働省「学歴別卒業後3年以内離職率の推移」H25,26年度は除く)にあるように大卒生の3割が3年以内に転職しています。

 

あなたはどのような会社で働きたいですか

働くのが苦じゃない会社」違いますか?

ちなみに私はまだ就職を考えていません。

自分と運命を共にできるワクワクする会社が見つかったら就職しようと思っています。(最近は徐々に見つかってきていますが。)

 

これは個人的な意見ですが、仕事が苦なら辞めればいいと思います。

苦痛を押し殺してまで働く必要なんかないと思います。

私もブログを書くことが苦になったらとっととやめるつもりです。

 

しかしながら、多くの人が会社を辞めにくいと感じるでしょう。

その理由はお金です。

お金を得るために代わりの仕事を探さなければならないからです。

 

そこで登場するのが「複業」です。

副業ではありません。「複業」です。

「複業」を行なっておけば、1つの仕事が破綻してももう片方の仕事で食いつなぐことができます

もう片方の仕事で食いつないでいる問いにまた新しい仕事を開始し、事業に乗らせればいいのです。

投資の世界においてある鉄則があります。

それは分散投資です。

資産を様々な金融商品に分散することによって、資産が大きく減るリスクを軽減できるのです。

これを仕事に応用させよようということです。

 

また、「複業」のメリットは他にもあります。

何より、レアな存在になれるということです。

ホリエモンさんの「多動力」という本にも

「肩書きを掛け算することであなたはレアな存在になり、結果的に価値があがる」(引用:多動力)

とあります。

f:id:toyohisa-masuya:20170730204903j:plain

本当にその通りだと思います。

私はこれから、自分に付加価値を加え続け、この「多動力」という理論を体現しようと思います。

 

私は現在23歳です。

30歳くらいまでの人生は好きな生き方に当てても問題ないでしょう。

なんせ30歳になっても40年以上も働くのですから。

せっかく働くなら楽しくてワクワクするような仕事がしたいですよね!

5,6年というスパンで、複業はどこまで増やせるのか試して見たと思います。

ちなみにランサーズが「pook(プック)」という新サービスを開始するようです。

このサービスは複業の強い追い風になると考えられます。

「pook」というサービスも開始以降使っていきたと思います

 

2017年7月13日追記

「pook」が実際に始動しました。

出だしこそ残念でしたが、今後は関西上陸も果たすでしょうし、成長が楽しみですね。

www.super-multiplejob-diary.com

 

私の複業集(予定)

さて、とは言ってもどのような分野で自分の価値を生み出してくかを考えなくてはいけませんね。

ということで私の生活や趣味、勉強していること、そして何より面白そうな職業をピックアップしました。

音楽系

・ミュージシャン

・作曲家

・作詞家

・アレンジャー

 

WEB関係

フリーライター

・ブロガー

・アフェリエイター

WEBデザイナー

プログラマー

・グロースハッカー

 

事業系

・FP(ファイナンシャルプランナー

・DCアドバイザー

・セミナー講師

証券アナリスト

・実業家

・投資家

不動産鑑定士

 

その他

・政治評論家

・農家

・小説家

・作家

・デザイナー

・恋愛相談

・登山家

 

 

私が考えた新職業

・ネオFP(仮名)

・ロボアドバイザー専門家 

・メンズ美容家アドバイザー

阿闍梨評論家

スマホアプリ評論家

 

ざっとこんな感じです。

ただ単に職業を羅列したわけではありません。

私がこれらの職業につける根拠はちゃんとあります

この根拠についてはまた改めて書きたいと思います。

 

普通の人なら、これらのどれかを選択し自分の職業にすると思います。

しかし、このブログのタイトルは「超複業」です。

実行あるのみです!

よろしければ、私のこれからの勇姿をご覧いただければと思います。

 

よろしければ読者になるボタンをポチッとお願いします。

みなさんの反応が励みになります。