超複業日誌

多趣味すぎる管理人が、むしろ多趣味なことを仕事にしようと思い始めたブログ。コンセプトは「人の為になるライティング」。詳しい内容は、ページ下の複業一覧を参照下さい。

地元(七尾市)のお祭り「新宮納涼祭」を紹介!美しい灯火!

地元(七尾市)のお祭り「新宮納涼祭(しんごうのうりょうさい)」に行ってきました。

このお祭りは、七尾市にある藤津比古神社で毎年開催されます。

長年続く、伝統あるお祭りです。

今回は、私が行ってきた「新宮納涼祭」を画像と共に振り返ります。

 

<目次>

「新宮納涼祭」ってどんなお祭りなの?

「新宮納涼祭」は毎年8月14日に七尾市藤津比古神社で毎年開催されるお祭りです。

地元の町々が、キリコ(神輿のようなもの)を用意し、藤津比古神社に集結します。

多い時には10台を超えるキリコが境内を練り回ります。

(キリコの画像)

f:id:toyohisa-masuya:20170815210623j:plain

 

「新宮納涼祭」最大の特徴は、美しい蝋燭の灯り

「新宮納涼祭」の特徴は何と言っても、美しい蝋燭の灯りです。

実は、このお祭りでは蛍光灯等の電気類は使わず、昔ながらの蝋燭の灯りを使います

闇夜に灯る提灯の明かりからは、優しい温かさを感じます。

f:id:toyohisa-masuya:20170815211424j:plain

すごい綺麗ですよね!画像の修正等はなし!

もちろんキリコ内の明かりも全部蝋燭です!

 

「新宮納涼祭」の掛け声は「エイッサーホイッサー!!」

お祭りには、掛け声が絶対にありますよね。

「新宮納涼祭」では「エイッサーホイッサー!!」です。

独特な鐘と太鼓の音に合わせて「エイッサーホイッサー!!」

私が撮った動画があります。

境内に向かって突撃して「エイッサーホイッサー!!」

 

「新宮納涼祭」の花火は世界一大きい??

「新宮納涼祭」が行われる場所は、四方八方を山に囲まれています。

さて、ここで問題です。

「四方八方を山に囲まれたところで、花火を放つとどうなるのでしょうか?」

答えは「恐ろしいほど花火の音が木霊する!!」です。

また、祭り会場の近場で花火を発射するので、花火が超デカく見えます

f:id:toyohisa-masuya:20170815212446j:plain

下の屋根を見比べるとその大きさがわかるのではないでしょうか?

リアル流星群です。(笑)

 

f:id:toyohisa-masuya:20170815212802j:plain

「新宮納涼祭」は田舎のお祭りなので、花火の数は少ないですが、花火の大きさと音のデカさは保証します!(笑)

 

「新宮納涼祭」に遊びに来てくださいね。

最近は、「新宮納涼祭」も以前に比べたら、縮小してきてしまっているように感じました。

もっと活気付いたらいいなぁとしみじみ感じます。

毎年お盆は実家(七尾市)に帰っていますので、田舎のお祭りに興味のある人とかいましたら、是非遊びに来て下さいね。

 

「新宮納涼祭」

・開催月日  8月14日(日)午後8時 ~ 15日(月)午前1時頃

・開催場所  藤津比古神社~お旅所

・アクセス のと鉄道能登中島駅下車、車で30分
      のと里山海道:横田ICより車で5分

・駐車場   特になし

・参加料金  無料

・お問い合わせ:七尾市観光交流課 TEL:0767-53-8424

 

また、能登では様々なキリコ祭りが開催されています!

気になる方は、こちらもチェックしてみて下さいね!

【 日本遺産「灯り舞う半島 能登 〜熱狂のキリコ祭り〜」能登のキリコ祭り 】

 

【おまけギャラリー in 新宮納涼祭】

 

f:id:toyohisa-masuya:20170815215304j:plain

f:id:toyohisa-masuya:20170815215557j:plain

f:id:toyohisa-masuya:20170815215439j:plain

 

執筆者:マスヤ トヨヒサ@masutoyo_jp

 

またよろしければ、読者になるボタンをポチッとお願いします。

みなさんの反応1つ1つが励みになります。 

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

 ↑ ↑ ↑ ↑